WEBきらら
ホーム > 小学館文芸の本 > 文庫本 > アーカイブ20
小学館文芸文庫本
文庫本アーカイブ 》》
ルドヴィカがいる/平山瑞穂
ルドヴィカがいる/平山瑞穂
小学館文庫/384頁

小説家の伊豆浜亮平はヒット作にめぐまれず、
ライターとして雑誌に記事を書いて生計を立てている。
ただ、文章や言葉づかいには人一倍鋭い感性を持っていた。
そんな小説家が出会ったのは不思議な言葉を操る女性だった。
「社宅にヒきに行っている人とその恋人の方ですね……」
――だめだ、まるで意味がわからない。

言葉の迷宮の先にある“もう一つの現実”へ導く超感覚小説。

 

共震/相場英雄
共震/相場英雄
小学館文庫/416頁

大和新聞東京本社の遊軍記者である宮沢賢一郎は、
東日本大震災後、志願して仙台総局に異動する。
沿岸被災地の現状を全国に届けていた矢先、
震災復興を支えるベテラン職員が仮設住宅で殺害される。

遺留品は足音だけ――。
危険きわまりない大ヒットミステリー
『震える牛』『ガラパゴス』の原点!

 

日本橋紙問屋商い心得 福を届けよ/永井紗耶子
日本橋紙問屋商い心得 福を届けよ/永井紗耶子
小学館文庫/432頁

長年仕えた店主に気に入られ、
日本橋に構える紙問屋永岡屋の主となった勘七。
小諸藩から藩札を納めるという大仕事が舞い込むが、
藩には跡継ぎをめぐる火種がくすぶっていた。
そんなある日、店が襲われて藩札も奪われてしまい……。

武家の都合で背負った借金は二千両。
風雲急の世を、商いで熱く生き抜く幕末青春ビジネス小説。

 

付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女/金子成人
付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女/金子成人
小学館文庫/288頁

小間物問屋「沢野屋」の女主、お寅の付添いを、
番頭の与左衛門から頼まれた六平太。
お寅は、物に対する審美眼は確かなのだが、
腕の落ちた職人に対して容赦がないため、
ほうぼうで恨みを買っているという。

表題作「強つく女」ほか全四話を所収。
ドラマ時代劇の英雄たちがこぞって絶賛する人気シリーズ!

 

愛について、なお語るべきこと 上/片山恭一
愛について、なお語るべきこと 上/片山恭一
小学館文庫/352頁

近未来の世界に生き残った十代の男女。
少年の名はオサム、少年から「ギギ」と呼ばれる少女。
ふたりは、食料確保のため冬の山のなかへ分け入っていく。
一方、旅先で消息を絶った息子を捜すため、
タイを訪れていた小説家の辻村は、
「ウァン」と呼ばれる現地の謎の美女と一夜を共にし……

二つの物語が共振する、圧倒的な世界。

 

愛について、なお語るべきこと 下/片山恭一
愛について、なお語るべきこと 下/片山恭一
小学館文庫/352頁

オサムの目の前で、老人は命を落とす。
その老人の知り合いを頼って、オサムはギギとともに、
山中のある村で生活をはじめるのだが……。
一方、小説家の辻村は、
突如ラオス国境の山村に帰ってしまったウァンを追って、
日本人カメラマンとともに彼の地へと向かい……。

「彼女の本当の名前」を巡る二つの物語が、ここに共鳴する。

 

卒業するわたしたち/加藤千恵
卒業するわたしたち/加藤千恵
小学館文庫/224頁

密かに思いを寄せる吹奏楽部の後輩男子に、
先輩女子が告白できないまま卒業する「流れる川」。
離婚を前に妻が夫から“あなた”と呼ばれる「春の雨」。
28歳の娘が母親の再婚をようやく祝福する「母の告白」など。
さまざまなシチュエーションの卒業模様を精緻に描きとった、
どこからでも読むことのできる1話完結の短編集。

巻末には、朝井リョウさんと著者の対談も収録!

 

あっちの豚こっちの豚/やせた子豚の一日/佐野洋子
あっちの豚こっちの豚/やせた子豚の一日/佐野洋子
小学館文庫/160頁

林の中で、のんびり気ままに暮らしていた豚の前に、
ある日きつねの紳士が現れた。
「あなたの豚小屋があるために、環境がこわれるんですよ」
押し寄せる文化の波にのみ込まれ、
自由を失った豚の運命は……。

没後発見された未発表作品、
ユーモアあふれる童話「やせた子豚の一日」も併録。

 

鴨川食堂いつもの/柏井 壽
鴨川食堂いつもの/柏井 壽
小学館文庫/288頁

第一話「かけ蕎麦」親にとって、子は幾つになっても子。
第二話「カレーライス」人間に、一流も三流もありまへん。
第三話「焼きそば」食捜しはするけど、人捜しはせえへん。
第四話「餃子」罪を許された日の、まかない料理。
第五話「オムライス」好物だったのに、吐き気が……。
第六話「コロッケ」告解するのに遅いも早いもありまへん。

シリーズ初の文庫書き下ろし!

 

極卵/仙川 環
極卵/仙川 環
小学館文庫/384頁

天使の卵か、悪魔の卵か――。
吉祥寺の有名自然食品店で販売され、
人気商品だった「極卵」から食中毒事件が発生した。
完璧な衛生管理だったにもかかわらず、なぜ汚染が?

元新聞記者の瀬島桐子が疑惑を追跡する先には、
遺伝子組み換え食品にかかわる巨大が影が!
食の安全とは何かを鋭くえぐる社会派ミステリー。
第六話「コロッケ」告解するのに遅いも早いもありまへん。
シリーズ初の文庫書き下ろし!

 

  • 単行本この一冊

    末ながく、お幸せに/あさのあつこ

  • 単行本この一冊

    悩むなら、旅に出よ。 旅だから出逢えた言葉U/伊集院 静

  • 単行本この一冊

    祝言島/真梨幸子

  • 単行本この一冊

    MM/市川拓司

  • 単行本この一冊

    蒼のファンファーレ/古内一絵

  • 単行本この一冊

    左京区桃栗坂上ル/瀧羽麻子

  • 単行本この一冊

    さよなら、ムッシュ/片岡 翔

  • 単行本この一冊

    竜宮城と七夕さま/浅田次郎

  • 単行本この一冊

    ハッチとマーロウ/青山七恵

  • 単行本この一冊

    ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美

  • 単行本この一冊

    ボローニャの吐息/内田洋子

  • 単行本この一冊

    キャットニップ 2/大島弓子

  • 単行本この一冊

    本を守ろうとする猫の話/夏川草介

  • 単行本この一冊

    錯迷/堂場瞬一

  • 単行本この一冊

    原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子

  • 単行本この一冊

    墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野 歩

  • 単行本この一冊

    雨利終活写真館/芦沢 央

  • 単行本この一冊

    メシマズ狂想曲/秋川滝美

  • 単行本この一冊

    セイレーンの懺悔/中山七里

  • 単行本この一冊

    ママたちの下剋上/深沢 潮

  • 単行本この一冊

    君はレフティ/額賀 澪

  • 小学館文庫イチ推し

    独裁者ですが、なにか?/荒木 源

  • 小学館文庫イチ推し

    千の命/植松三十里

  • 小学館文庫イチ推し

    伴侶の偏差値/深沢潮

  • 小学館文庫イチ推し

    猫のほそ道 ノラ猫俳句旅/嵐山光三郎 著・浅生ハルミン 絵

  • 小学館文庫イチ推し

    くそったれバッキー・デント/デイヴィッド ドゥカヴニー 著 高取芳彦 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    海が見える家/はらだみずき

  • 小学館文庫イチ推し

    夏の情婦/佐藤正午

  • 小学館文庫イチ推し

    隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀/安芸宗一郎

  • 小学館文庫イチ推し

    親友/川端康成

  • 小学館文庫イチ推し

    風の向こうへ駆け抜けろ/古内一絵

  • 小学館文庫イチ推し

    蟋蟀/栗田有起

  • 小学館文庫イチ推し

    ゴルゴ13ノベルズV おろしや間諜伝説/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案

  • 小学館文庫イチ推し

    スリー・アゲーツ 上/五條 瑛

  • 小学館文庫イチ推し

    怒り 上/ジグムント・ミウォシェフスキ 著・田口俊樹 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    ちょうかい 未犯調査室 3/仁木英之

  • 小学館文庫イチ推し

    ハガキ職人タカギ!/風 カオル

  • 小学館文庫イチ推し

    ゴルゴ13ノベルズT 落日の死影/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案

  • 小学館文庫イチ推し

    十津川警部 犯人は京阪宇治線に乗った/西村京太郎

Quilala calendar
Calendar Loading
Search
User Agreement
Link

先頭へ戻る